求人の数が多い理由

開発の求人というのは、実にたくさん募集されています。それだけ、人手が足りていないということを意味しているのです。もう少し詳しく言うと、実は人手がそこまで足りていないわけではなく、それよりも知識や技術が足りていないと言われています。
現在の日本の企業で求められているのは、なんといっても即戦力です。なぜかというと、どの企業も新人の育成というのを放置しているからといえます。とてもネガティブな理由ですが、全部の企業が育成を放棄しているかというとそうではありません。育成を放棄しているような会社は長く台頭できるわけではないので、どんどん新しい会社に潰されていっているようです。割合としては、10社中6社ほどはそこまで育成に力を入れず、使える人間に対して求人を出しているというのが現状だったりします。では、スキルがないからといって就職などを諦めるのかというと、そう悲観することではありません。業務に関してはしっかり教えてもらえるため、基本ができているかどうかの話になってくるのです。
なぜ育成ができないのかというと、企業にとって育成というのはコストがかかってきます。新しい企業が数多く出てきている現状では、育成にコストを掛けられる企業が少なくなってきているのです。もちろん、開発は時間がかかりるので、その上で育成をというのは企業側からすると難しい話になってきます。しかし、そういったところで働いてみると、そんな基本なことは教えてもらわなくてもできるといったケースもあります。さらに、優しい先輩は細々したところを見てくれるので、そういう職場に就職できればアタリです。
開発の求人が多い理由を知っておくことで、自分ならば大丈夫だという自信にも繋がります。そして、自信があればそれだけ何かしらの物事に結びつくものです。育成していなからダメなのではなく、育成の必要がない人材を目指してみましょう。そうすることで、自身の知識や技術は他の人に追いつかれないレベルにまで高まります。学ぶ機会はたくさんあるはずなので、その瞬間を逃さなければ育成は必要ないのです。日常の過ごし方が、あなた自身を高みへと近づけてくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

求められている技術者とは